コンフィデンスマンJP

ドラマ感想 人気記事

【コンフィデンスマンJP 】面白い?面白くない?※7話まで更新【長澤まさみ主演】

投稿日:

スポンサーリンク

ad

パパ
どうも!ままぱパパです!

 

いやあ、第1話は90分の長丁場でしたけど…

今日は残業明けでクッタクタでしたけど…

全く飽きませんでした。

最初から最後まで、テンション高く維持して見ることができました。

もう、今春のドラマでは、これが一番面白いと言い切っても良いくらいかな!!

期待以上の出来栄えに大満足です。

 

 

期待していたというのも、本作の脚本家である古沢良太さんは、

「リーガル・ハイ(2012・2014)」

「デート~恋とはどんなものかしら~(2015)」を手がけた人気脚本家!

上記2作品は、私もママもハマりにハマったもので、過去に何度も見直しているほど。

そりゃもう、この「コンフィデンスマンJP」も心待ちにしておりました!

それでは、本作の紹介や感想です!

 

 

スポンサーリンク

ad

 

本作のあらすじ

長澤まさみ演じるダー子は、天才的な頭脳と抜群の集中力で、

どれほど難解な専門知識も短期間でマスターしてしまうコンフィデンスウーマン=信用詐欺師。

破天荒な上に天然で、いい加減なところもある女性だ。

 

そんなダー子と組んでいるのは、お人よしで小心者ゆえにいつもダー子に振り回され、

早く詐欺師稼業から足を洗いたいと願っているボクちゃん(東出 昌大)と、

超一流の変装技術と生まれながらの品の良さで相手を騙すリチャード(小日向 文世)だ。

 

ダー子が新たなターゲットとしたのは、公益財団「あかぼし」の会長・赤星栄介(江口洋介)。

表の顔は慈善事業に勤しむ名士だが、その裏では日本のゴッドファーザーとも呼ばれる男だ。

 

ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測。

貨物船舶の船長に扮したリチャードを赤星に接触させるが、

その正体がバレてしまったリチャードは瀕死の重傷を負う。

詐欺師稼業をやめ、ダー子のもとを離れていたボクちゃんだが、リチャードの敵を討つと決意。

ダー子とともに赤星を騙すための作戦を立てるが……

 

第1話感想

ハイ。

 

401回目ーーー!!!

 

 

いやもうね、長澤まさみさんのコレだけで、撃ち抜かれました。

冒頭の和服やサラシも眼福ものですけど、

 

それ、400回目ー!!

 

と、上記のソレが見られただけでも、このドラマを見てよかった。

超キュート!!

私も指さされたい!!!

 

リーガルハイの古美門先生が、黛(ガッキー)の目の前で

「助手は長澤まさみの方が良かったー!

的なこと言ってたけど、まさにそれ。

 

長澤まさみさんで良かった!

心底可愛かった!

役に超ハマってた!

 

…ハニートラップはゴミだけど。

 

(上のコメントは、ガッキーと比べてどうのこうのって話ではありませんよ。念のため)

 

 

てか、古沢良太さんの真骨頂って感じの展開でしたね。

「あの時、実はこうだった」の種明かしが、「リーガルハイ」や「デート〜」を彷彿とさせます。

それに、冒頭でターゲットを騙すために賭場を作り、

「(騙すには)ディティールが大事なんだ」ってセリフが、

終盤で、ターゲットを騙すために空港を作ると言う展開に繋がっていました。

しかも、賭場から空港へのスケールが格段に上がっているために、

種明かしまでは分かりにくかったと言う点も好ポイントです。

 

それにね、忘れてはいけないのが、ボクちゃんこと、東出 昌大さんですよ。

視聴者が騙される点を彼がドラマでまんま受け止めると言うね。

もう、この存在理由だけで受ける。

冒頭のホスト役はカッコよくて、今回は二の線で行くのか?と思いきや。

ダー子の良いオモチャというね。

「あなたのことはそれほど」で見せた、狂気(と笑い)の演技ほど、

本作を含めた他作品では、インパクトは受けないだろうと思っていましたけど、

こういうコメディ路線でコケにされるなら、しっかり爪痕を残せそうです。

なお、空港で捕まったところと、ファミコンで前歯折られたというエピソードだけで私は満足しました。

良い役貰ったなー!!

 

 

早くも、次週の長澤まさみ対吉瀬美智子が楽しみです。

というか、次週予告で役名ではなく、演者の名前で煽るのも、なんか良い感じでした。

そして、ボクちゃんにどんな受難が待っているかも、もちろん楽しみです。

 

余談ですが、吉瀬美智子さんが出演している火曜のドラマ、

シグナルの感想記事も書いています!

こっちの吉瀬さんはシリアスです。

 

シグナル
【シグナル】面白い?面白くない?感想は?※7話まで更新【坂口健太郎主演】

  いきなりですが、本作はとっても先が気になるドラマです! 過去の人物が現代の主人公にレシーバーを介して事件のヒントを伝え、 それを元に事件を解決するという、 なんだか推理ゲームのザッピング ...

続きを見る

 

それでは、また!

 

スポンサーリンク

ad

第2話感想

 

唐突ですが、今回の2話で許せない事がありましてね。

感想の前に、どうしても言いたいなと。

言おうか悩みましたけど、やっぱり言いたいなと。

 

今回、冒頭からロシア人を騙すために和服で変装していたじゃないですか。

長澤まさみさんが。

これがね。

そのカッコと小芝居が合間ってね。

 

水谷千重子に見えて仕方なかった。

 

1話では全然、そんなことなかったのに、なんでだろうと。

サラシ巻いていたのも和服だったけど、アレは任侠要素だったから遠かったのかなと。

基本、スチュワーデスだったから良かったのかな〜?

てなると、3話目以降、「洋」のコスプレで来てくれないと、

また友近がよぎるんじゃないかと。

もう、水谷千重子は勘弁してほしいなと。

 

てな感じで、2話中ずーっと、

小芝居の時は友近さんに見え、

シリアス(あんまりなかったけど)な時は長澤まさみさんに見え、

もう、全然話が入ってこなかった。

 

最後のサービスショットも全然、入ってこなかった!!

 

いつもなら、

「乳白色のバスクリン的なアレを開発した人が恨めしい」

とか、思いそうなものが、

「これは友近に見えないなー」

って思ってしまってね。

 

悔しい!!楽しめなかった!!

 

と言うわけで、こんな自分を許せなくて、仕方ありませんでした。

 

 

ハイ、以下、感想です。

 

 

ボクちゃん可哀想。

 

 

 

それでは、また!

 

スポンサーリンク

ad

 

第3話感想

 

今回の見どころ

 

 

石黒賢

3.5億… 

3億5千万円で私に売ってください」

長澤まさみ 

無言で「肩を入れるポーズ」

CM

 

 

CMまで仕込んどるがな。

 

今週はこれが一番面白かった。

リアルタイムで観て良かったと痛感しました。

 

でも、この3話はとても良くまとまっていたのですけど、

毒」

が薄かったと言うか、優等生すぎると言うか。

なんか抑揚なく進んだ感じ。

正直、1話2話の方がインパクトありました。

贋作師(でんでんさん)が即逮捕されたのは面白かったけど。

 

でも、きっと、

私の窓が汚れているから、綺麗な山も汚れて見えるのでしょう。

そして、居間のカエルネタがこれっぽっちも面白くなかったのも、

私の窓が汚れているからなのでしょう。

 

でも、そんな私でも、

石黒賢さんの泣き笑いシーンはグッときました。

小悪党感は消え失せ、爽やかさすら感じて、

若い頃の石黒賢さんを彷彿とさせました。

 

そりゃもう、振り返った先に、

織田裕二が出てくるのか?

と思ったほど。

 

※リズム感の都合上、敬称略をお許しください

「YAH YAH YAH」って名曲ですよね。本作にまるで関係ないけど。

 

YAH YAH YAH
J-Pop
¥250

 

 

ところで、

ボクちゃんへの罰ゲームが甘くないですか?

ただ単に、

巨乳画家がアレ(誹謗中傷的な発言)なだけだったじゃないですか。

そんなの全然可哀想に思えないよ!

身内から騙されるってのが面白いのに!

ぬるすぎですよ!

 

今週も本筋と全然関係ない事を書き連ねた上で、

最後は

「ボクちゃん可哀想」

で記事を終わらせるつもりだったのに、

こっちの思惑が台無しだよ!

 

来週こそは、本筋の裏で、

ボクちゃんを騙す計画を進行してほしいと願います。

切に願っています。

 

私の窓は薄汚れ、ささくれ立っています。

 

スポンサーリンク

ad

第4話感想

 

いきなりですが…

率直に申しまして…

 

4話は面白くなかった。

 

展開も、

オチも、

ボクちゃんの顛末も、

盛り上がりに欠けた。

 

 

「そもそもの話」

なんですけど、

1話の様な

「騙し・騙され」

「刺すか・刺されるか」

的な展開は、

やはり、通常の1時間枠では無理があるのでしょうね。

この数話は「どう騙すか?」を描いているので、

今回の様な、

「相手の気分を乗せたら勝ち」

な展開は、ちょっと拍子抜けでした。

スリリングさが無いというか。

まぁ、普通に騙すんだろ的な。

 

ただ唯一、良いところもあって。

 

ダー子。

いや、

長澤まさみさんが輝いていた。

 

3億稼いで出資したい程に輝いてた。

是が非でも、ハニトラ引っかかりたい。

 

まぁ、その輝きも、

 

ボクちゃんのオチのためにあったというね。

 

アレはなぁ…

ダー子が策を練った上で、あの展開になったら良かったんだけど、

完全に貰い事故だからなぁ…

ボクちゃん、次はもっと上手くハメられよう。

この言葉に別の意図はありません。

 

スポンサーリンク

ad

 

第5話感想

 

5話で印象に特に残ったのは以下、3点です。

 

■1 

ダー子作のフェルメールを買ったのは野々村家だった

 

■2

「走って逃げよう!」

と言ったボクちゃんへの五十嵐の返し。

「俺、通風で走れねぇんだ」

 

■3

 山  田  孝  之

 

1はそつがないなと。

さすが古沢先生ですよ。

あぁ、アレね!

と想起させるには良いタイミングでした。

 

2は個人的に超ハマった。

やはり、ちょっとズレた回答が笑いの基本ですよ。

五十嵐~、良い味出してきたじゃーん。

 

3はズルイよね。

飛び道具が過ぎる。

この名前4文字だけで勝ち確。

むしろ、この仕事の選び方が正解。

 

その他、仕事の流儀やドクターXなどをパロったものもチラホラありましたけど、

上記3点が記憶に残りました。

 

ただ、ここまで仕込むなら、最後のシーンがなぁ。

アッサリし過ぎてて、少し不満。

実はバトラーも後ろ手縛られてた

このくらいの、もう一ひねりが欲しかったところ。

 

あとね!

忘れちゃいけないことがあった!

 

ダー子のコスプレが回を増す毎に可愛くなってる!

 

これは超朗報。

今回の金髪ナース。イイヨーイイヨー!

(こういう事書くと、私もオッサンになったんだなぁと痛感する)

 

さぁ、次は6話ですが、

いよいよ折り返しでしょうか?

そーろそろ、

ボクちゃんがコケにされるオチを希望します。

それでは、また!

 

スポンサーリンク

ad

 

第6話感想

作中でも触れていましたが、

 

ダー子のキレが鋭すぎる。

 

と言うか、

長澤まさみさんが振り切りすぎてる。

 

まさか、長澤まさみのハッスルを見ることが出来るとは…!!

歓喜!

ホント、毎話、毎話、全力投球で感嘆します。

 

で、この6話でもっとも感心したものは、

ハッスルでもなく、

リチャードの受難でもなく、

(容易に危機予測出来たろうに…)

このやりとりが胸を打ちました。

 

■ボクちゃん
「ボクがやろうとしてた事はなんだったんだろう…」■リチャード
「父を恨んで生きてきた男を一人救ったよ」

 

自分の思ったようには動かない。

これが世の常。

それがボクちゃんならなおさら。

 

でもね、

思ったように動かなかったとしても、

悪いものではなく、良い方向に向かったのであれば、

それはとても幸せなものではないかなと。

 

ドラマながらも、積年の恨みを氷解させるなんて、

これが望む人生と言わんばかりに生き方を転換させるなんて、

ボクちゃんは大業を成し遂げたものだと思います。

結果、ラーメン屋も繁盛しているし。

 

ボクちゃんの不満とは正反対に、

この清々しい結末となった今回の6話が、

1~6話まででもっとも面白かったかな!

 

あまりにも良い内容だったので、

今回は皮肉も言わずに完了します。

私の心も洗われた〜!

 

てか、次はもう7話かぁ。

早いものですね。

この記事も残り数回。

ボクちゃんの悲劇も残り数回しか見られない。

今から名残惜しいですね。

 

それでは、また!

 

スポンサーリンク

ad

第7話感想

 

家族編ということで、なんか良い話っぽく終わりましたけど、

10億貰えれれば、そりゃ花火も見るわ。

なんなら、今すぐ退職して花火職人になるわ。

 

てか、この7話は、このセリフですよ!

「ガッキーだったらなぁ…」

このセリフ、

「早く孫の顔見せようね!」

と言ったダー子に対するボクちゃんの回答。

コレ何かっていうと、

同じ古沢脚本作品となるリーガルハイで、

堺雅人がガッキーに対し、

「あーあ!長澤まさみだったらなぁ!」

と言う、渾身の皮肉があり、

このセリフと対になるもの。

と言うか、

数年越しでのガッキーへの配慮かもしれない。

正直、このセリフだけでも、この7話を見た価値がありました。

長澤まさみさん、新垣結衣さんは、

同じ年の双璧ですからね。

 

ちなみに私は、

戸田恵梨香派です。

断然。

私も同じ兵庫県民!

それしかない共通点にすがってる。

 

余談はさておき、

そろそろ気になってきている事が1つあります。

 

リチャードより五十嵐の方が有能じゃね?

リチャード回作らないと、立つ瀬泣くね?

 

五十嵐は何かと面白いからなぁ。

むしろ、

五十嵐回を作って欲しいところ。

もしくは、

リーガルハイ3期で五十嵐出しても良いかも!

いつまでも待つ所存です。

 

スポンサーリンク

ad

 

2018春ドラマのまとめはこちら

テレビ
【2018年春ドラマ感想】面白い?面白くない?おすすめはどれ!?

      みなさま、今春のドラマの見定めは済ませましたでしょうか? 私たち夫婦は、本ブログで記事を書いているため、二人でドラマを見る事が多くなりまして、 今ではすっかり ...

続きを見る

2017夏ドラマのまとめはこちら

テレビ
【2017年】夏ドラマは面白い?面白くない?おすすめはどれ!?

どうも!ままぱママです!   前クールの春ドラマでは、私たち夫婦は「小さな巨人」「あなたのことはそれほど」「リバース」の3作品にハマり、 さすがドラマのTBSと唸らせるものでした。 そして、 ...

続きを見る

2017春ドラマのまとめはこちら

テレビ
【2017年】春ドラマは面白い?つまらない?おすすめはどれ!?

こんばんは!ままぱママです! 突然ですが、皆様はTVドラマなどご覧になりますか? 私は、毎期3作品ぐらい見てるのですが、今は妊婦なので家にいる事も多く、今期は5作品ぐらい見ようかな~と思っていまして… ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

ad

ad

ad

人気記事

テレビ 1

      みなさま、今春のドラマの見定めは済ませましたでしょうか? 私たち夫婦は、本ブログで記事を書いているため、二人でドラマを見る事が多くなりまして、 今ではすっかり ...

ブラックペアン 2

    前クールの「99.9シーズン2」主演の松本潤さんに続き、 本作は二宮和也さん主演による嵐リレー!   二宮さんは映画やドラマ出演常連のイメージでしたが、 連続ドラ ...

崖っぷちホテル! 3

    さぁ、いよいよ始まりました。 私が大ファンの戸田恵梨香さん出演のドラマ、「崖っぷちホテル!」   以前、何かの記事でも書きましたけど、昨年の「リバース」はどハマり ...

シグナル 4

  いきなりですが、本作はとっても先が気になるドラマです! 過去の人物が現代の主人公にレシーバーを介して事件のヒントを伝え、 それを元に事件を解決するという、 なんだか推理ゲームのザッピング ...

5

こんにちは!ままぱパパです。 実は私、大のロック好きで、それこそ10代前半から30代後半になった今に至るまで、CD集めが趣味です。 ロック好きにとってカッコいいバンドや楽曲との出会いは、何にもかえられ ...

-ドラマ感想, 人気記事
-,

Copyright© ままぱ日記 , 2018 All Rights Reserved.